ピコット|Printing Color Order Terminal

知っておきたい封筒のマナー

インターネットの普及もあり、以前より封筒を使うことは少なくなってきましたが、それでもビジネスの場では窓付き封筒などがよく使われています。そんな封筒にもマナーがあります。封筒のマナーがなっていないと会社の印象にも影響を及ぼしてしまうので、ビジネスマナーの一つとして正しい封筒のマナーを覚えておくことが大切です。

切手の貼り方

切手の貼る場所は、縦書き封筒なら左上に貼ります。横書き封筒では左上に貼られているケースがよくありますが、右上に貼るのが正解です。縦長にしたときに「左上に切手がくるように貼る」と覚えておくといいでしょう。また、切手の枚数はなるべく少なくします。2枚以上貼る場合は、重ならないように縦に並べて貼ります。

住所

都道府県名から略さずに正しく書きます。同じ都道府県から郵送する場合も、都道府県名から入れます。バランスに気をつけながら文字数やスペースを考えます。スペースがなくなって詰め過ぎている状態は、見た目があまり良くありません。1行から2行で納まるように書きます。丁目や番地の数字は、縦書き封筒なら漢数字を使いますが、横書き封筒なら算用数字も使えます。

宛名

宛名は住所よりも一回り大きな字で封筒の中央に書きます。住所よりも一段下がった位置から書き始めます。会社名についている(株)や(有)は略せず正式名称で書きますが、前株や後株を間違えないように気をつけます。部署名を入れるときは、会社名に続けて書かず改行します。「課長」などの肩書きは名前の前に書き、個人名の後には「様」を入れます。

封筒は企業にとって大切な手紙や書類を入れる大切なアイテムです。ピコットでは会社で使用する封筒印刷も行っています。様々な大きさの封筒印刷が可能で、ケントやクラフト、ハーフトーンカラー、Sカラーといった多数の色用紙を取り揃えています。送料無料でお得に封筒印刷を注文いただけますので、是非ご利用ください。

トップへ戻る

商品一覧
ご利用ガイド
うちわ クリアファイル シール 封筒 無線綴じ冊子・カタログ 中綴じパンフレット ハガキ・ポストカード 名刺・ショップカード ポスター 折りパンフレット チラシ・フライヤー