ピコット|Printing Color Order Terminal

販促フライヤー作りのポイント

新商品やこれから始めるサービスを多くの人に知ってもらうためには、販促フライヤーが欠かせません。しかし販促フライヤーは、ただ情報を載せるだけではなく、正しい情報をわかりやすく伝えられる内容にしなければなりません。そのためにはどのような点に気をつければいいでしょうか。

デザインのコンセプトを明確にする

フライヤーを制作するには、まず、どのようなフライヤーを作りたいのかはっきりさせておくことが大切です。デザインのコンセプトが決まっていないと、仕上がったときに目的と合っていないデザインになってしまうことがあります。フライヤー制作の前には、全体的なデザインの方向性を決めておくといいでしょう。

必要な情報をまとめる

フライヤーに掲載する情報といえば、取り扱う商品やサービスの紹介や写真、価格、説明、オプション、問い合わせ先など多々ありますが、これらの情報を全て事細かく載せることはできません。本当に必要な情報だけを載せなければなりませんので、何をどのくらい伝えたいのか整理してまとめておくことが大切です。

ストーリーを工夫する

限りあるスペースに必要な情報を詰め込まなくてはなりませんが、フライヤー全体にたくさんの文字を詰め込んでしまうと、文章が読みづらく情報が伝わりづらくなります。テキストは読みやすいように写真や図と合わせてグループ化しましょう。とくに気をつけたいのがエンドロールのようなセンタリング文章です。文字が読みにくいだけでなく、重要な部分がわかりづらくなり読み手が迷子になります。
スペースや色を使って優先順位をつけ、重要な部分は文字を大きくするなど強調するといいでしょう。そうすれば、ひと目見て重要点がわかり、全体的に見やすくなります。

フライヤーのデザインが決まったら、ピコットでフライヤー印刷をしませんか。ピコットでは小ロット10部からフライヤー印刷を承っていますので、小部数注文することができます。また、印刷コストを抑えたオンデマンド印刷ということもあり、お手頃格安にてフライヤー印刷ができるでしょう。安い早いフライヤー印刷ならピコットにお任せください。

トップへ戻る

商品一覧
ご利用ガイド
うちわ クリアファイル シール 封筒 無線綴じ冊子・カタログ 中綴じパンフレット ハガキ・ポストカード 名刺・ショップカード ポスター 折りパンフレット チラシ・フライヤー